介護・福祉業界への転職

雇用情勢が悪化している現在の日本ですが、介護・福祉業界は依然として人材難が続いています。

中高年からの転職を目指す方にとっても、介護・福祉業界は、検討の余地があると言えます。

介護・福祉業界の現状

介護・福祉業界への転職は、中高年からでも十分に可能です。しかし、転職を成功させるためには、この業界の現状を良く把握しておく必要があります。

  • 仕事がハード
    仕事の内容にもよりますが、介護・福祉関連の仕事は、生身の人間が相手であり、体力面においても精神面においてもきついのが現状です。
    勤務時間が変則的であったり、夜勤があるところもあります。
    中高年から介護・福祉業界への転職を目指す場合は、仕事内容や勤務時間を良く検討し、無理のない職種を選ぶようにしましょう。
  • 賃金が安い
    介護・福祉関連の仕事は、ハードな割りに給与水準が低く、離職者も多くなっています。
    しかし、政府もこのような現状を踏まえてさまざまな改善措置を施しているため、介護業界の離職率は少しずつ改善傾向にあります。
    今後も介護保険の充実とともに、より働きやすい環境が整備されて行くものと思われます。

中高年から介護・福祉業界へ転職するには?

介護・福祉業界の求人は、ハローワークや求人情報誌にも多数掲載されています。

介護関連の資格を持っている中高年の方はその資格を生かした応募が可能ですが、資格がなくても働ける職種はたくさんあります。

また、働きながら必要な資格を取得するという方法もあります。

「介護求人ナビ」を利用してみよう

「介護求人ナビ」は、介護・医療・福祉の求人・転職支援サイトです。

全国の介護・医療・福祉関連の求人を検索できるほか、履歴書や職務経歴書の書き方、円満退社の秘訣まで、就職や転職のノウハウが紹介されています。

また、「介護求人ナビ」では、ホームヘルパーやケアマネージャーなどの有資格者の求人のほか、資格がなくても応募できる求人も多数掲載されています。

雇用形態も正社員、契約社員、派遣社員、紹介予定派遣、パート、アルバイトなどから選んで検索することができます。



>>介護求人ナビ



【関連ページ】