カラオケを上手に歌うコツ

趣味としてカラオケを楽しむようになると、「もう少し上手に歌えたら・・・」と思うものですが、ちょっとしたコツをつかむだけでも、上手に歌えるようになります。カラオケを上手に歌えるコツをいくつかあげておきますので、参考にしてみてください。

  • お気に入りの歌を選ぶ
    まずは、感情をこめて歌えるようなお気に入りの歌を1曲選んでください。その1曲は、無理に高すぎる音や低すぎる音がなく、自分の音域に合ったものならベストです。その歌の歌詞を丸暗記して、いつでも歌えるようにしておきましょう。
  • 大きな声で発音をはっきりと
    小さな声で、あいまいな発音のまま歌っていては、どうしても下手に聴こえてしまいます。声はなるべく大きく、はっきりとした発音で歌うのが、上手になるコツです。
  • 腹式呼吸を使って歌う
    よく「声はお腹から出す」と言われるように、腹式呼吸を使って歌うことにより、声に力と深みが増します。
  • マイクの使い方を工夫する
    マイクは、口に近づけて歌うと低音が強調され、口から離すとフラットになります。低く太い声を強調したい部分は、自分の口にマイクを近づけ、盛り上がるサビの部分ではマイクを口から遠ざけるようにすると、マイクの効果により歌に幅と深みが生まれ、上手に聴こえます。
  • ビブラートをかける
    ビブラートとは、音を伸ばす部分で声を震わせる歌い方ですが、歌のフレーズの終わりにこのビブラートを入れるようにすると、歌にメリハリが生まれ、一段と上手に聴こえるようになります。
  • 好きな歌手の真似をする
    声のトーンや歌い方、リズム感や表現法、歌っている時の表情まで、好きな歌手の真似をすることにより自然に上達します。
  • 情感をこめて歌う
    「歌は心で歌うもの」と良く言われますが、情感を込めて歌うことにより、聴いている人の心にも響くようになり、より上手に歌えるようになります。

カラオケと一緒にギターも弾けたら嬉しいですね。



【関連ページ】



スポンサーリンク