40代・50代から始める水彩画

絵を描くことが好きな中高年の方におすすめの趣味が「水彩画」です。

水彩画は小学校や中学校の授業でも行うので、絵画の中でも最もなじみやすい分野ですが、子どもの頃は殆ど自己流で描いていたという方が多いのも事実です。

社会人になってから水彩画を基礎から学ぶことにより、新しい発見があったり、思わぬ才能が芽生えたりします。

水彩画を学ぶには?

絵画スクールや絵画教室に通うという方法がありますが、社会人のための絵画スクールはあまり多くはありません。

また、学費も高額になってしまうため、プロとして独立するのでなければ、通信講座でマイペースで学ぶことをおすすめします。

通信講座なら、何歳からでも始めることができ、自宅で好きな時間に描くことができます。

プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セット

通常の絵画スクールや通信講座では、下絵を描くところから始まりますが、この水彩画講座はいきなりプロと同じような作品を完成させてしまうという方法で行われます。

最初は「チューリップ」、「海辺の風景」、「イヌ」などを描きますが、DVDによる動画を見ながら真似をして描くだけで、明暗や立体感、遠近感を的確に表現できるので、完成度の高い作品が出来上がってしまいます。

この出来栄えに感激し、次々に新しい作品にチャレンジしているうちに、水彩画の基礎や技術が自然に身につきます。

絵に自信がなくても、「色塗り編・デッサン編・応用編」の全3弾セットをマスターすることにより、完成度の高い美しい水彩画が描けるようになります。

水彩画講座の詳しい内容や受講費については、こちらの公式サイトをご覧ください。



【関連ページ】